MEMBER INTERVIEW 01

常に新しい。だからこそ、学ぶことが尽きない。

営 業

松尾 智章 / Tomoaki Matsuo

2008年入社
法学部 卒

入社動機

一口に営業といっても、世の中には無数と思えるほどの商材があります。その中でも富士フイルムメディカルは、導入側の巨大な投資を伴う医療機器を扱っている。しかも、何年かに一度の設備入れ替えなど、大きな契約ほど機会は限られる。そんな責任ある営業だからこそ、あえて挑戦してみたいと思いました。さらにこっそり付け加えるなら、本社が東京にあるというのも魅力でした。それまで九州にいたので、東京の企業は憧れだったんです。もちろん、土地勘はまるでありません。引っ越してくるまで、茨城は23区だと思っていましたから。

ミッション

IT製品の専任営業を行っています。技術の進歩や環境の変化とともに、ぞくぞくと新サービスが生まれるこの分野。知識をアップデートし続けなければならない緊張感はありますが、それ以上に、常に新しいものに触れられる楽しさを感じています。12年以上キャリアを積んでも、まだまだ学ぶことばかり。そのほうが自分の性に合っているようです。営業というと真っ先に提案シーンが思い浮かぶかもしれませんが、それは仕事の一部にすぎません。提案、機器の導入、稼働後のフォローで、ちょうど業務が三等分されているイメージです。そのすべてのプロセスにおいて、SEやFSE、営業仲間とのチームワークが不可欠。スタンドプレーだけで成り立つ仕事は、富士フイルムメディカルにはありません。そのことをしっかりと意識し、仕事がうまくいった時でも、自分ひとりの功績だと思い込んだりしないこと。また、クライアントからは常にチームとして評価されているのだと考えること。これが僕の基本姿勢です。

よく会う人

SEやFSEとは、常に業務情報を共有し、困った時の相談役として頼りにしています。また、営業の同僚や後輩とは、飲みに行って の相談やフォローもときどきあります。

よく行く場所

クライアントである病院のほか、ほかの医療機器メーカーに行くことも。私たちの製品を卸し、一括して販売するケースがあるためです。

ONE WEEK

出社してメールチェックと書類作成。昼前から病院訪問。事務、情報室、先生など、いくつかの部署を巡り。直帰。
病院に直行し、放射線技師との打ち合わせ。帰社してからは事務処理と書類作成。
いくつかの病院を回るため、本日は直行・直帰。
月曜とほぼ同じスケジュール。午前に出社、午後からは病院を訪問し、直帰。
導入された機器の稼動立会いに、朝から夕方まで張り付く。お客様の要望をSEやFSEに伝えたのち、打ち上げ。
ライブ鑑賞。
浅草寺が歩いていける場所にあるので、家族とお参り。