MEMBER INTERVIEW 01

システムの先に患者がいる。そのことを、決して忘れない。

開発エンジニア

牧之段 直弘 / Naohiro Makinodan

2014年入社
理工学研究科 物理学 専攻

入社動機

身内に看護師がいたことが、医療業界に興味を持つきっかけでした。トップシェアを持ち、商品力に定評のある富士フイルムメディカルなら、より市場価値の高い仕事ができるのではないかと感じたことが入社の決め手です。もうひとつ、社風にも大いに背中を押されました。説明会の雰囲気や、面接官とのやりとりから感じた穏やかさ。ガツガツした感じがあまり得意ではない僕としては、この居心地の良さなら、仕事にもきっと打ち込みやすいだろうと思いました。

ミッション

医用画像情報システム「 SYNAPSE」と併せて使用する、MC-R(検診所見入力オプション)の開発を手がけています。システムの使い方は、納入先のクライアントによって千差万別。実態に即したカスタマイズが不可欠です。時にはユーザーである放射線技師や医師へのヒアリングを重ねながら、効率よく、快適に使っていただくための仕様を決めていきます。この製品を一人で担当しているため、ニーズがあれば北海道から九州まで飛び回ることも。この仕事を成功させるカギは、ベンダー(開発を支援いただく外部協力会社)といかに団結し、解決策を導き出していくかにあります。クライアントから寄せられる要望と、ベンダーのキャパシティやコストを重ね合わせ、すべきことを指示していく。難しい要望も多い中、強い信頼関係がなければ仕事は進みません。だからこそ、開発をやり遂げ、クライアントから高い評価を得た時にはとてもうれしい。何より、このシステムの先には、たくさんの患者さんがいる。そのことを常に忘れずにいようと意識しています。

よく会う人

ベンダーの担当者とはよく顔を合わせます。MC-Rの基礎を開発したメンバーでもあり、システムについての知識は僕以上。その知識に、僕が熟知する現場での運用実態を掛け合わせながら、一体となって仕事を進めていきます。ときどき、飲みに行ったりもします。

よく行く場所

システムの評価を行う実験室と、お菓子を買う生協。生協の行き帰りが、いいリフレッシュになるんです。

ONE WEEK

メール確認を行い、技術検討依頼へ回答。また、現地SEからの問い合わせに対応。
障害解析のため、終日、現場へ出張。
MC-R週報会へ出席。その後は、現地SEからの問い合わせ対応。
ヒアリングのため、病院へ。放射線技師長から要望をお聞きし、カスタマイズの方向性を模索。
問い合わせ対応をこなしつつ、開発中のシステムについて実験室で評価作業。
フットサルの練習に参加。夜はそのまま飲み会へ。
映画を観に行き、ショッピングも楽しむ。