MEMBER INTERVIEW 01

製品の成熟が、人の成長をうながしていく。

S E

吉田 空美 / Sorami Yoshida

2014年入社
商学部 社会情報学科 卒

入社動機

医療業界であることはもちろん、何より重視したのは、医療従事者の方々との距離の近さでした。相手の顔を見て、要望をじかに聞く。だからこそ、本気になれる。医療というかけがえのない舞台で仕事をするからには、どこまでも真剣に取り組める環境に身を置きたかったんです。また、医療機器業界における富士フイルムメディカルの存在感の大きさにも魅力を感じました。第一人者だからこそ、牽引する側として仕事にあたれるはず。もちろん、予想通りでした。

ミッション

放射線情報管理システム(通称:RIS)の販売支援と導入業務に関わっています。チームの中で、私の受け持つエリアは西東京と北海道です。月に1~2度は北海道に出張します。地元でもあるので、ちょっと里帰りです。放射線情報管理システムは、各社が力を入れている製品のひとつ。ほぼ成熟期に差しかかっており、メーカーごとに特徴はあるものの、性能の差は感じにくくなっているのが現状です。そこでクローズアップされてくるのが、担当するSEの力量。技術があることは当然として、いかに現場の立場に立ち、製品の魅力を引き出せるような提案ができるかが腕の見せどころ。たとえば、放射線を人体にあてるレントゲン検査。RISには、どれくらいの線量で撮影した結果、どんな画像が撮影できたのかというデータが蓄積されるため、「もっと線量を抑えても画質には問題ない」などの指導ができるようになります。こうした提案を、現場に寄り添いながら行っていく。さらに、吸い上げた声を新たな製品の企画にも役立てる。自分が試されるからこそ、できることも増えていくんです。

よく会う人

先輩の方々です。それぞれに強みの違うベテランです。たとえば「製品知識なら●●さんに聞けば間違いない」など、場面ごとに頼らせていただいています。誰にでも聞きやすい雰囲気なのも、富士フイルムメディカルのよさです。

よく行く場所

RISを導入している施設。規模やシステム構成にもよりますが、稼働の前後はたいてい張り付くことになります。

ONE WEEK

S病院に直行し、システム稼動の支援。
北海道へ出張。E病院にて、新機能開発に向けたヒアリング。
本日も北海道。A病院で新機能開発に向けたヒアリングを行ったのち、東京へ。
T病院にて、システム稼動に向けた設定業務、お客様とのお打ち合わせ。
昨日に引き続き、T病院にてRISシステムと放射線レポートシステムの接続テスト。
友達と、お気に入りのレストランで食事。
家のそうじなど、家事をこなした後は読書をしながらのんびり過ごす。