キャリア

Career

社員が描くキャリア設計を応援する富士フイルムメディカル。そこでは、どんな成長が描けるのか。具体的にイメージしていただくために、先輩たちの足跡をご紹介します。入社後の自分を、ぜひ想像してみてください。

自己成長計画・育成プラン

営業
野中歩美
2015年入社

FSEとしてデビュー

1年目

FSEとして名古屋に配属。マンモグラフィ装置を主に担当。さまざまな機構が複雑に絡み合う機器なので、幅広い知識と経験が必要であることを実感した。

上達が自信へ

2年目

マンモグラフィについては、点検・設置・故障対応をはじめ、ほとんどの仕事がこなせるように。2年目の終わりには確実性も増し、自信へとつながった。

教えることで学ぶ

3年目

新卒の後輩ができ、OJTを任された。自分自身も学びを深めることができる、いい機会になった。ステップアップに向けてより広い知識の必要性を感じた。

新しい舞台と視点

4年目

営業支援(アプリケーションスペシャリスト)へ異動。従来と異なる視点が必要になった。商品知識に加え、需要を捉えたトークができるようスキルを高めたい。

自己成長計画・育成プラン

営業
瀬尾宏二
2002年入社

一人立ちと初受注

2年目

担当と目標が割り振られ、一人で営業活動を開始。1年目に先輩同行で吸収した知識や経験が役立った。初受注の時には、自分へのご褒美としてマイカー購入。

大きな競争を制する

4年目

担当していた大学病院にて、他社製品からの切り替えに成功した。この業界で仕事を続けていく上での大きな自信につながった。

父としての自覚

13年目

がむしゃらに仕事に打ち込んできたが、ついに結婚。有給休暇を取得して旅行を楽しむ。この2年後には第一子も誕生し、さらに頑張らなければと自覚を新たに。

マネージャー1年生

16年目

マネージャーに昇格する。部下のモチベーションを保ち続けるためにも、働きやすい職場環境を率先してつくっていきたいと考えている。

自己成長計画・育成プラン

SE
田崎里美
2008年入社

充実した修行期間

1年目

6月までみっちり研修を受ける。基礎となるコンピュータ・ネットワーク系の知識は、この時のライセンス試験勉強で習得。さらにOJTでの修行を重ねる。

資格取得と結婚

3年目

医療情報技師試験を受け、無事に合格。プライベートでは結婚。仕事に理解の深い夫だったこともあり、それまでのスタイルを変えることなく働く。

産休で育児に没頭

7年目

前年から産休に入り、この年に長男を出産。子育ての忙しさを実体験することで、改めて世のワーキングマザーに尊敬を覚える。翌年から時短で復帰。

子の笑顔と仕事を両立

10年目

長女を出産し、2度目の育休復帰。職場の理解と協力に感謝。限られた時間で集中して仕事に取り組み、保育園で楽しく過ごした子どもを笑顔で迎える毎日に充実を感じる。

自己成長計画・育成プラン

FSE
郡司 光
2012年入社

お礼が成長の証

1年目

北関東サービスセンターに配属。電話応対に苦労したが、先輩に教わり、一人で解決できた時のお客様の「ありがとう」が、成長の証のようでうれしかった。

研修の成果を発揮

3年目

FSEとして取り扱う製品すべてに対応できるよう、さまざまな研修に参加。学びを活かした対応を担当外の施設でも行い、先輩に頼られて自信がついた。

担当範囲が大きく拡大

4年目

担当施設が大きく増加。対応できる放射線装置の種類も着々と増える。責任を感じながらも、仲間と協力し合うことで問題を解決していく。この年に結婚。

新たな舞台で挑む

6年目

10月からテクニカルサポートへ。最初は苦労したが、周囲のサポートもあって2ヶ月ほどで抵抗なく対応できるように。まずやってみることの重要性を知る。

自己成長計画・育成プラン

FSE
大谷奈美子
2008年入社

支えられてのスタート

1年目

東京サービスセンターに配属。先輩の丁寧な指導もあり、安心してスタートを切ることができた。研修も多く、個々の成長に合わせて学ばせてくれる印象を持った。

「聞く力」を磨く

6年目

結婚。関東サービスブロックへと異動。初めての地域に行くことも増え、仕事の進め方や医療施設の考え方などの違いを実感。要望を聞く力の重要性を学ぶ。

惜しまれる存在感を

8年目

産休と育休を取得。後輩への丁寧な引き継ぎを行う。医療施設から、担当変更を名残惜しむ言葉をいただいた時は、頑張ってきた甲斐があったと感じた。

先輩ママと前向きに

9年目

内勤として仕事復帰。管理の仕事が増え、最初は戸惑う。育児との両立は体力的にも不安だったが、社内の先輩ママに公私ともに相談することで前向きに。

自己成長計画・育成プラン

FSE
矢野喬志
2003年入社

多忙な中、教育に注力

3年目

大規模な医療施設の担当を任されるようになる。日々、多忙な業務に追われる一方で、後輩社員への技術指導にも力を入れる。

結婚と昇格で責任拡大

7年目

エリア内のサブリーダーに着任し、マネジメントを担当。プライベートでは、結婚することで仕事に対する責任感がさらに増す。

新エリアでの新発見

13年目

新潟サービスセンターに異動。市場性など東京との違いを学び、自分自身の仕事を見つめ直すきっかけにもなった。翌年、東京サービスセンターへ帰任。

メンバーの成長を促進

15年目

エリアリーダーとして、メンバーたちの育成・管理業務に力を注いでいる。

キャリアを支える制度例

自己成長計画・育成プラン

自分の業務遂行力や知識・スキルを棚卸しして、自らの成長計画を描き、上長は面談を経て育成プランを設定します。自分のキャリアイメージやライフイベント等についても申告し、相談できる場となっています。